ナボリンSの特徴

眼精疲労、肩こりに効く
『ナボリンS』の特徴を知ろう!

「眼精疲労と肩こりの原因って?」

眼精疲労・肩こりの原因を知っておきましょう。

目の奥がジンジンする眼精疲労、くり返すつらい肩こりの原因は…

末梢神経のダメージ
末梢神経のダメージ

<眼精疲労>ピントが合わないと物がぼやけて見えるため、常に焦点を合わせようとして、目の奥に集中した視神経(末梢神経)にダメージを与えます。
<肩こり>周りの筋肉や血管(血行)への負担がくり返し起こると、末梢神経がダメージを受けてしまいます。

他にもこんな原因が!!(主に肩こり)

筋肉疲労
筋肉疲労

長時間のデスクワークや激しい運動の後のコリや痛み。筋肉に発生する「乳酸」という疲労物質が、筋肉をこわばらせ、コリや痛みを引き起こすためです。十分なストレッチなどを心がけましょう。

血行不良
血行不良

筋肉内を通る血管は、筋肉が硬くなると圧迫されて血行不良になります。血の巡りが悪くなると、筋肉に乳酸がたまって、さらにコリや痛みの原因になってしまうため、血行の良い状態を保ちましょう。

「『ナボリンS』はどこがそんなにすごいの?」

「メコバラミン」という成分が視神経に直接作用します。

「メコバラミン」という成分が視神経に直接作用

ピントが合わないと物がぼやけて見えるため、常に焦点を合わせようとして、ますます目の奥に集中した視神経(末梢神経)にダメージを与えます。このような眼精疲労に対し、メコバラミンは視神経に直接作用し、その働きを正常にすることで、目の疲れを緩和することが実証されています。

「そもそも、視神経、末梢神経って何?」

目の奥や肩にも末梢神経が集中しています。

目の奥や肩にも末梢神経が集中

神経は、脳・脊髄などの中枢神経と、身体のすみずみに広がる末梢神経に分けられますが、目の奥や肩には末梢神経が多く集まっており、視神経もその1つです。
末梢神経は脳からの指令を全身に伝えて手足を動かしたり、逆に身体が受けた刺激を脳に伝える働きがあります。
外部から末梢神経に入る情報のうち、80%を占めるのが目から入る情報で、それだけ目には末梢神経が集中しています。

「『メコバラミン』って、どんな成分なの?」

「メコバラミン」は末梢神経のダメージを修復できるビタミンB12

目の奥や肩にも末梢神経が集中

眼精疲労や肩こりの原因の一つは末梢神経のダメージですが、神経細胞は生まれ変わらないので、症状改善のためにはダメージの修復が必要となります。ビタミンB12の一つのカタチであるメコバラミンが末梢神経に直接作用してダメージを修復します。

メコバラミンの体の中での動き

メコバラミンの体の中での動き

食物などから体内に入ったビタミンB12は肝臓に運ばれ、貯蔵され、必要な分が「メコバラミン」となって全身に送り出されます。 しかし、末梢神経のダメージの修復には大量の「メコバラミン」が必要なため、食物から摂るビタミンB12だけでは十分とは言えません。 そこで、「メコバラミン」を含む『ナボリンS』を服用することが有効となってくるのです。

神経修復には食事だけでは足りないビタミンB12

よく食べる食品に含まれるビタミンB12量

ビタミンB12は、しじみなどの貝類、青魚やレバーに多く含まれていますが、末梢神経のダメージを修復するために必要なメコバラミンの1日量は1500 μgで、食事などから摂取するのは難しいとされています。

体内にあるビタミンB12の量は、年齢とともに減少。

体内のビタミンB12の量は20歳の時に比べて50歳では約3分の2、70歳では約2分の1までしだいに減少してしまうことがわかっています。

年齢別に見たビタミンB12量
眼精疲労、肩こりのツラい症状に効く!末梢神経のダメージを修復し、多くの方の症状を改善。ナボリンSの秘密とは... 詳しくはこちらから
  • 動画放映中 詳しくはこちら
  • 手足のしびれや繰り返すツラい肩こりに。 詳細はこちらから
  • しつこい つらい 肩こり・腰痛 本当の原因を知っていますか? まずは原因をチェック!
ページトップへ戻る