肩こり改善法

温シップと冷シップの使い方

  • 温シップは慢性的な肩こりに、冷シップは急性的な肩こりに

    温めた方がいいか、冷やした方がいいかは肩こりの種類と症状によってことなります。
    慢性の場合は温める、急性で炎症のあるものは冷やす、と覚えてください。
    骨格的に正常なのに極端に肩がこるのは、ほとんどが筋肉の酸素不足です。姿勢が悪いことなどによって血行が妨げられているのです。筋肉に酸素を供給して血行をよくするためには、肩を温めます。がんこなコリで手がしびれるような時も、こっているところを温めます。夜、同じ姿勢で寝ていられないほどコリがひどい時も、とにかく温めて血行をよくし、筋肉をやわらかくしてやることが大切です。
    ですから、一般的な肩こりには、普通は温める方法を用いればよいのですが、急激に肩を使ったため肩に炎症をおこしている急性の肩こりの場合には、最初にしばらく冷やすこともあります。冷やすことによって、炎症がしずまり痛みがやわらぐからです。しかし、冷やしたあとは、血行をよくして肩こりを治すために温める方法に切りかえてください。

  • 温シップ以外で温める方法

    (1)蒸しタオル

    折りたたんだタオルの両端をもって熱湯につけ、適度に絞ります。電子レンジならすぐ作れます。冷えにくいように上をビニールでおおいますが、冷えたら温め直します。終わったら水分をよくふきとってください。

    (2)ホットパック

    熱湯で煮てから、タオルで包んで用います。30分ほど温かさが持続します。

    (3)インスタントカイロ

    手軽に、いつでもどこでも使えて重宝します。やけどをしないように布に包むか衣服の間にいれて用いてください。

    (4)ドライヤー

    肌に直接当てるとチクチク痛いので、湯で温めたタオルをあてた上からかけます。

    ドライヤー
  • 冷シップ以外で冷やす方法

    (1)氷

    冷蔵庫の角型の氷3~4個、水、塩をビニール袋に入れ、痛むところを小さく円を描くように10分ほどマッサージします。皮膚は摂氏12度以下になると凍傷をおこすので、冷やしすぎは禁物です。そのあと水分をよくふきとります。

    (2)アイスパック

    冷水に浸したタオルを絞って痛いところにあて、10分ほど冷やします。 なお、コリがひどく肩がパンパンに張っている時は、冷温シップを交互に行うと効果的に血行がよくなります。

  • ナボリン フェルビナク70 肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛 [第2類医薬品]
  • つらい痛みにこの手があります! ナボリンフェルビナク70とはどんなクスリ?
眼精疲労、肩こりのツラい症状に効く!末梢神経のダメージを修復し、多くの方の症状を改善。ナボリンSの秘密とは... 詳しくはこちらから
腰から太ももがチクチクしびれる、ズキズキする腰痛のツラい症状に効く!末梢神経のダメージを修復し、多くの方の症状を改善。ナボリンSの秘密とは... 詳しくはこちらから
肩こりでお悩みのあなたに

製薬会社エーザイの
肩こり・腰痛の痛みに効く
ナボリン製品情報

  • 飲んで
    効く!
    もんでも届かないコリ
    のんでほぐす
    ナボリンS
    第3類医薬品眼精疲労、肩こり、
    腰痛の緩和
    ナボリンEB錠
    第3類医薬品肩こり、腰痛、
    手足のしびれの緩和
  • 貼って
    効く!
    つらい痛みに貼って効く
    ナボリン フェルビナク70
    第2類医薬品肩こりに伴なう肩の痛み、
    腰痛、関節痛、筋肉痛
  • 眼精疲労、肩こりのツラい症状に効く! 詳しくはこちら
  • 腰から太ももがチクチクしびれる、ズキズキする腰痛のツラい症状に効く! 詳細はこちらから
  • 手足のしびれや繰り返すツラい肩こりに。 詳細はこちらから
CM放映中!
ページトップへ戻る